Sample Company

TomTec-Arena

TomTecは、TomTec Imaging Systems GmbH(本社:ドイツ、ミュンヘン、以下 TomTec社)が開発したソフトウェアで、各社の超音波装置の2D/3Dの心エコー画像データから、画像閲覧機能をはじめとした、各種計測・解析・定量評価を可能にします。

販 売 名 トムテック 汎用画像解析システム
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション(70030000)
汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム(70030012)
医療機器認証番号 226AABZX00184000
製造販売元 株式会社ワイディ 埼玉支社

 

4D Cardio-View

ECHO-VIEW

4D Carido-Viewは超音波3次元画像、4次元(3次元画像に時間の要素を加えたもの)の定量解析を可能にしたソフトウエアです。面積・距離・角度・容量などの計測が可能です。

4D MV-Assessment

ECHO-VIEW

僧帽弁はその形状の複雑さから従来の2Dエコー画像では評価が非常に困難でした。 本ソフトウェアは3次元画像表示を用いることにより僧帽弁の正確な形状の構築・定量評価を可能としました。

4D LV-Analysis

ECHO-VIEW

4D LV-Analysisは3Dスペックルトラッキングによる左室機能評価、容量・Strain解析が可能なソフトウェアです。

4D RV-Function

ECHO-VIEW

従来の超音波診断装置による右室容量計算は、幾何学的な仮定を元にした、MRIとの相関が低いものでした。4D RV-FUNCTIONは独自の右室モデルを使用し、こうした従来の限界を克服しました。MRIとも非常に良い相関関係があり、右室容積、右室機能評価にご利用いただけます。

2D Strain Analysis Echo

ECHO-VIEW

独自のSpeckle Trackingにより、各エコー装置メーカーの汎用DICOM画像(2Dエコー画像)からストレイン解析が可能なソフトウェアです。心筋局所だけでなく心臓全体としての機能評価が可能となります。

Image-Com

ECHO-VIEW

Image-Comは、循環器領域の静止画や動画の迅速な診断を可能にする為、画像参照と計測機能を統合した高性能なDICOM画像ビューワーです。

 

 

 

<< 前のページに戻る